光触媒とは?

光触媒とは、太陽などの光をエネルギーとして、化学反応によって特定の反応を促進させる働きを持つ物質のことで酸化チタンが代表的なものになります。

光をエネルギーにして空気中の酸素や水から活性酵素(オゾン)を生成します。

光をエネルギーにして空気中の酸素や水から活性酵素(オゾン)を生成します。

その活性酵素による化学反応で有機物などの有害物質を酸化分解する作用が働き有害物質を除去・無害化します。

その酸化力を利用して表面接触する物質を分解する作用です。

光触媒は光エネルギーがないと効果を発揮できません。

室内のように暗い空間では、効果を発揮できなかったので使用できませんでした。

暗い室内でも、浄化作用を発揮するのが、ハイブリッド複合型光触媒です。

ハイブリッド複合型光触媒加工の効果

不快な臭い、ウイルスなどの病原菌、カビ、シックハウスの原因となる化学物質を24時間、昼間も夜間も休むことなく有害物質を分解する効果があります。

UVカット成分を含むので、クロスなどの色褪せ防止と汚れ防止作用があります。

マイナスイオンを発生するため、「快適な室内空間」が手に入ります。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事